WordPressでブログを作る流れと申し込み方法をやさしく解説。初心者でも迷わない!

※アフィリエイト広告を利用しています

ブログの作り方を調べていると、さまざまな情報が集まってきます。さあ、始めよう!と思ったときに情報があまりにも多すぎると、どれから手をつけたら良いのか迷ってしまいますよね。

実際に私が始めようと思ったとき、集めた情報の多さにどれから手をつけるか迷い、なかなか進めませんでした。ブログを作る流れが大まかにでも分かればいいな、と感じた経験から、ブログを作る前にやっておきたいこと、そしてブログを作るために必要なレンタルサーバーの申し込み方法について解説します。

初心者でも迷わないように丁寧に解説していきますので、一緒に始めてみましょう。

もくじ

WordPressでブログを作るには、何から始めたら良いの?ブログを作る流れを解説

設定する人

「WordPressでブログを作ろう!」と決心したものの、調べてみるとやることが多く、何から手をつけたら良いのか迷いますよね。

実際に私もブログを作ろう!と思ってから行動に移すまでに1か月もかかりました。そんな経験からまずはブログを始める前にやっておきたいこと、考えておきたいことをご紹介します。

WordPressでブログを作る流れもざっくりとご紹介します。🐰

一気に片付けようとすると頭がパンクしてしまうので、時間を作ってコツコツ進めていきましょうね。

ブログの始め方①大まかな方針を考える

大まかな道順を考える人

「ブログを作りたい!」と検索されているということは、何かを発信したいと感じたのですよね。

ブログで発信する内容は大まかに決まっていますか?それとも発信内容はぼんやりとしていますか?

「はじめは美容のことを書いていたけど、これからは育児のことを書いていきたいな」「ヨガのことを書いていたけどヨガ以外にも色々なことを書いていきたい」など、ブログの方向性を変えることはいつでも自分の意志で自由にできます。

いまはこんな感じのブログを作っていきたいな、と大まかな方針を決めておきましょう

ブログの始め方②ブログの名前(タイトル)を決める

ブログの発信内容が決まったら、ブログの名前(タイトル)を考えます。

タイトルと言われても、急に思いつかないですよね。タイトルはページを開いていちばん始めに目に飛び込んでくる部分で、これから自分の名前よりも目にする機会が多くなるかもしれません。

迷ってなかなか決められない!という方に3つのコツをご紹介しますね。

・長すぎず
・わかりやすく
・読みやすい

を意識してみましょう。

たとえば「三角屋根冬景色の終日のたりのたり山登りデザイン」というブログタイトルにしたとします。

長すぎて声に出して読みづらく、三角屋根冬景色さんの発信内容は、山登りなのかデザインなのか、それとも山登りデザインなのか分かりづらいですよね。

「ふゆの節約ブログ」や「栄養士ふゆの献立表」ならどうでしょうか?

節約のブログなんだ!栄養士さんの献立なら見てみたいなと思いませんか。ブログ名に発信内容を入れると、興味のある人が見てくれるかもしれないという利点があります。

他の方はどうやって名前をつけたのかなと検索してみると、覚えやすさとジャンルを変えても違和感のない「名前+ブログ」と名付ける人が多かったです。シンプルで良いですよね!

タイトルを決めたら、同じタイトルでブログを運営している人がいないか、検索して確認することをおすすめします!

タイトルが同じ場合は、アクセスが相手のブログへ流れてしまうこともあるので変更できるのならば変えましょう。ブログ→blog、note、帳と言葉を少し変えるだけで効果がありますよ。

ふゆ

ブログのタイトルを頻繁に変えると読者さんを混乱させることになり、せっかくつけたタイトルを覚えてもらえない可能性もあります。

ブログを運営してからのタイトル変更にはリスクが伴いますので、気をつけてくださいね。

ブログの始め方③WordPressのテーマを決める

選ぶ人

WordPressには、数多くのテーマがあるので、ブログの目的や使い方にあわせて選びましょう。

テーマはブログ全体のデザインや機能を設定するためのもので、無料のテーマと有料のテーマの2つがあります。

無料のテーマ
有料のテーマ
  • 使える機能が少ない
  • 思い通りにしたい場合は知識が必要
  • 無料なのでお金がかからない
  • お金がかかる
  • デザインが良い
  • サポート体制が整っている
  • SEO対策がされているものが多い

無料のテーマは有料テーマに比べると使える機能が少なかったり、知識が必要となる場合がありますが、お金がかからないのは最大の魅力です。

有料のテーマは、お金がかかる(テーマによって料金は異なります)ことがデメリットに挙げられます。しかしSEO(検索したときに上位表示される)対策が優れているものが多く、無料テーマよりもブログで収益を上げやすいといわれています。テーマによってサポート体制が異なりますので、購入前に確認しておきたいところです。

始めたばかりなら問題ありませんが、使っているテーマから別のテーマに変更するときにはデザインが崩れたり機能が使えなくなることもあるため、再設定が必要になる場合があります。長く使っていけそうなテーマを選びたいですね。

もし無料ブログのなかで選ぶなら「cocoon」がおすすめです。

初心者にも使いやすいため利用者が多く、SEO対策や収益に対しても機能が充実しているからです。更新頻度が少ないテーマもありますが、cocoonは頻繁に更新されているので、ちゃんと対応してくれているんだなと安心できます。

ここまでテーマについてお話ししましたが、なかなか想像がつかない方もいらっしゃいますよね。

ふゆ

私もブログを始めるまでテーマについては知らず、調べてもどんなものなのか分からず悩みました。

そこで憧れのブロガーさんの使っているテーマと同じものを選んでみました。その方が使っていたのは「SWELL」だったので、そこから公式サイトで情報収集し、ブログが楽しく書けそうだと思い、決断しました。

ふゆ

SWELLの料金は2023年6月時点では税込み17,600円。
無料テーマもあるなか安いとはいえない金額ですが、

・買い切りである
・テンプレートが優秀なのでデザインセンスがなくても何とかなる
・難しいこと考えずに記事に集中できそう

と、メリットしかなかったので清水の舞台から飛び降りました!

自分が好きな雰囲気のブログと同じテーマを選ぶと失敗しにくいのではないでしょうか。ブログは書くことの連続です。自分が楽しい気持ちで執筆できるのが、長く続けていく秘訣なのではないかと感じます。

公開している数は少ないですが、私はブログの編集画面を開くたびにSWELLにしてよかったな(おちついた色づかいに、シンプルながら遊び心ある装飾がかわいいです)と思いながら作業しています。

こんな感じのキラッとしたボタンも使えます!

このブログいいな、こんな感じにしたい、というブログを探してみましょう。「当ブログはこのテーマを使っています」と使っているテーマを紹介される方は多くいるので、そこから公式サイトで自分にあった使い方ができるか確認してみてくださいね。

ブログの始め方④レンタルサーバーに申し込みする

ブログの発信内容、名前が決まったらいよいよレンタルサーバーに申し込みます。

ブログを家だとすると、レンタルサーバーは土地にたとえられます。土地がないのに家を建てようとする人はいないし、できないですよね。それと同じでWordPressでブログを作るためにはレンタルサーバーとの契約が必要です

レンタルサーバーは数多くありますが、初心者さんにはサーバーと独自ドメイン(Web上の住所のようなもの)がセットになったもの、WordPressの契約や設定などを自動で行ってくれるセットアップ機能がついたプランのあるものを選ぶと設定でつまずくことなく安心です。

実際に当ブログはサーバーと独自ドメインがセット、WordPressかんたんセットアップ機能のあるConoHa WINGに申し込みました🐰

初心者さんに、ここがおすすめ
  1. 料金が安い
  2. WordPressがすぐに使える
  3. Web表示速度が国内でいちばん早い
  4. サイトが見やすい(わかりやすい)
  5. 電話以外にチャット、メールでも問いあわせできる
ふゆ

ConoHa WINGにはお試し期間がなく、契約する前に試してみたい!という方には勧めにくいですが、利用を始めて3か月、不満はなくブログを続けています。

特に難しい操作はなく、WordPressがすぐに使えたので初心者の私にはうれしかったです!

メールでの問い合わせの返事も早くて、安心できましたよ。

ブログの始め方⑤WordPressにログインする

レンタルサーバーを契約すると、インターネットでの住所(アドレス)がもらえます。

レンタルサーバー(土地)、インターネットでの住所が決まったら、あとはそこに家(ブログ)を建てるだけです。WordPressは家の土台(基礎)にあたる部分です。

ブログ、ドメイン、サーバーの関係

WordPressは、Webの技術や知識がない人でもサイト管理やブログの投稿が簡単にできるようにつくられたソフトウェアです。使うためにはサーバーにインストールすることが必要ですが、なかなか想像するのは難しく、できるか不安になりますよね。でも大丈夫です!そんな私を含め初心者のためにあるのが「WordPressかんたんセットアップ」です。

ConoHa WINGなら申し込み時に、WordPressかんたんセットアップが選択できます!インストールやセットアップなど複雑な設定はすべてレンタルサーバー側に任せて、すぐに使える状態にしてくれる初心者に嬉しいサービスですよ。

これからどんな家を作っていこうか、夢がふくらみますね🐰

ここまではブログを作る流れを、ざっと紹介しました。

続いてはレンタルサーバーの申し込み手順を解説していきます。

レンタルサーバー、インストール、セットアップ、難しい言葉が並んでいて「申し込み難しくないのかな」「私でもできるかな」と不安に思っている方もいるかもしれませんね。初心者の私でもできたので大丈夫です!迷わずさくっと設定できるように解説していきます。

レンタルサーバーの申し込み手順

申し込みの前に用意しておきたいもの

・メモ帳とペン
・スマートフォン
・クレジットカード

メモ帳とペンは、パスワードなど重要な情報をメモするために使います

申し込み途中で本人確認を行うため、スマートフォンを使っての確認が必要です。

また申し込み時には支払い方法を選択します。
手数料がかからず払い忘れの心配がないクレジットカード払いを選ぶ人が多い印象ですが、プリペイドカードのConoHaカード、ConoHaチャージならAmazon Payや銀行決済、PayPal、コンビニ払いも可能です。


事前にどの方法で支払いするか決めておくと、余裕をもって申し込みできますよ。

ConoHa WINGに申し込みする

まずはレンタルサーバーを提供している、ConoHa WINGのページへ移動します。

お申し込みをクリックするとページが変わるので、左側の初めてご利用の方からConoHaの会員登録を行いましょう。

ここでは、メールアドレス、パスワード(自分で決められる)の2つを入力します!

入力がおわったら、次へをクリックします。

ConoHa WING申し込み画面

続いて、契約するプランを決めていきます。

ConoHa WING申し込みプラン確認
入力するところ
  1. 料金タイプ:WINGパック(最初から選択されているので、そのままで◎)
  2. 契約期間:期間が長くなるほど毎月の料金も割引されます
  3. プラン:ベーシックでOK(あとからプラン変更もできます)
  4. 初期ドメイン:入力されているのでそのまま(入力されてない場合は使う機会がないので適当でOK)
  5. サーバー名:入力されているのでそのまま(入力されていない場合は、使う機会がないので適当でOK)

どんどん下に進んでいきます。

ConoHa WING 申し込み確認画面その2
入力するところ
  1. WordPressかんたんセットアップ:利用する(最初から選択されているのでそのままで◎)
  2. セットアップ方法:新規インストール(最初から選択されているのでそのままで◎)
  3. 独自ドメイン設定:ブログのURLになります(好きなもので◎)
    の「https://lapin-fuyu.com」のlapin-fuyuのところです。自分の名前やブログ名を入れる人が多く、短めでぱっと読みやすいものがおすすめです。
    ドメインの後ろの.comのところも選択できますが、こだわりがなければ.comのままで◎
  4. 作成サイト名:ブログの名前を入力する(あとから変更できます)
  5. WordPressユーザー名:WordPressにログインするときに必要(名前など好きなもので◎)
  6. WordPressパスワード:WordPressにログインするときに必要(推測されにくいものが◎)
  7. WordPressテーマ:テーマが決まっていない場合、テーマがここにない場合はCocoonがおすすめです。
    私は最初Cocoonを選び、あとから有料テーマのSWELLを導入しました!
ふゆ

・WordPressユーザー名
・WordPressパスワード


この2つはWordPressにログインするときに必要になるので、メモしておきましょう!

 

つづいて、お客様情報を入力します。入力が終わったら次へをクリックしましょう。

ConoHa WINGお客様情報入力画面

本人確認のため、SMS認証をします。

SMS認証はSMSメッセージで、電話認証は電話によって本人確認を行います。

電話番号を入力したら、認証方法を選びましょう。すぐにメッセージが送られてくるSMS認証がおすすめです。

ConoHa WING認証説明画面

スマートフォンにメッセージが届くので、そこに書いてある認証コードを入力して、送信します。

ConoHa WING認証説明画面その2

 

ここまできたら、あと少しです!

お支払い方法を選びます。

払い忘れのないクレジットカードがおすすめですが、カードを持っていない場合はその他を選択し、ConoHaチャージを利用します。

ConoHaチャージならAmazon Payや銀行決済、PayPal、コンビニ払いも可能です◎

ConoHa WING最後の確認画面

入力内容に間違いがないか確認したら、お申し込みをクリックして決済します。

支払い金額に注意

プラン選択のときにはひと月にかかる料金が表示されていましたが、ConoHa WINGでは契約時に一括で支払います。こちらの決済金額は、ひと月にかかる料金×契約期間となるので、あとから請求額を見て慌てないためにも確認しておいてくださいね。

 

決済が完了すると、「WordPressをインストールしました!」と小さな画面が出てきます。

パスワードは必ず控えてください。と注意書きが表示されていますよね。

このWordPressデータベース情報はとても大切なものなので、スクリーンショットで控えておくか、メモして残しておきましょう。

ふゆ

これで申し込みは完了ですー!お疲れさまでした♡

WordPressをインストールしました!

WordPressデータベース情報

サイトURL:

管理画面:

データベース(DB)

DBユーザー名

DBパスワード

うさぎ教授

お疲れさま!
余力があったらセキュリティの対策もしていこうね。
WordPressにログインする前にConoHa WINGにログインしてみよう!

ConoHa WINGにログインしてSSL設定をする

そのままでもWordPressは使えますが、通信によりブログに集まった情報を第三者に見られたり、盗まれてしまう危険があります。通信を安全に行うために暗号化する設定をSSLと呼びます。

SSL設定を行うと、ブログのアドレスがhttp://〇〇〇.com/から、https://〇〇〇.comに変更されます

変わるのはアドレスだけでなく、アドレスの前に「この通信は暗号化されているので安全ですよ」という鍵のマークが表示されるようになります。ブログを見る人にも安心して見てもらえるようになるのです。

この設定は簡単にできるので、忘れずに行いましょう!

STEP
ConoHa WINGのページからログインする

はじめてご利用の方」で設定したメールアドレスパスワードを入力します。

STEP
ログインしたらサイト管理をクリックする
ConoHa WING設定画面
STEP
WordPressの下にあるアドレスをクリックする
ConoHa WING設定画面その2
STEP
かんたんSSL化→有効化する

有効化には時間がかかる場合もあります。

私のときには40分ほどかかりました!のんびり待ちましょう。

ConoHa WING設定画面その3

WordPressにログインする

WordPressのログイン画面にアクセスするための方法は2つあります。やりやすい方で試してみてくださいね。

①ふだん使っているブラウザ(インターネットを見るためのもの。Google Chrome、Internet Explorer、Safari、Operaなど)を起動して、ConoHa WINGのデータベース情報でメモした「管理画面」のアドレスを入力する

管理画面のアドレスは、http(s)://〇〇〇〇.com/wp-admin/となっていますが、括弧は入力しません。

SSL有効化した場合は、https://〇〇〇〇.com/wp-admin/と入力、有効化していない場合はhttp://〇〇〇〇.com/wp-admin/と入力してみてくださいね。

ブラウザ画面

②ConoHa WINGにログインサイト管理アドレスをクリック→表示された中にある管理画面URLをクリック

どちらかの方法でWordPressにログインする画面を出してみましょう。

これからブログを編集するとき、書くときにはこの画面からログインすることになります。ブックマーク(お気に入り)に登録しておくと便利ですよ🐰

画面が表示されたら、ConoHa WINGに申し込むときに決めたWordPress ユーザー名」「WordPressパスワードをそれぞれ入力します。

WordPressログイン画面

ログインをクリックしたあと、WordPressへようこそ!というページが表示されたらログイン成功です!

このページはダッシュボードと呼ばれ、ブログの設定や変更、記事の作成などが行えますよ。

メニューがたくさんあり、はじめは何が何だか分からないという状態だと思いますが、触っていくうちに慣れていきますので、安心してくださいね。

時間があったらどんな設定ができるのかな?と見てみるのも面白いですよ🐰

ブログを作る方法 まとめ

ブログを作る流れ、レンタルサーバーの申し込み手順をご紹介しました。

長くなりましたので、ぎゅっと小さくまとめてみます。

ブログを作る流れ
  • ブログの方針を大まかに考える
  • ブログのタイトルを決める
  • WordPressのテーマを決める
  • レンタルサーバーに申し込みする
  • WordPressにログインする
レンタルサーバーへの申し込み方法
  • ConoHa WING申し込みページから会員登録する
  • 契約プランを選び、ブログのタイトルやWordPressのユーザー名、パスワード、テーマを決める
  • お客様情報を入力後、本人認証する。支払い方法を選び、WordPressデータベース情報をメモする
  • ConoHa WINGにログインしてSSLを有効化する
  • WordPressにログインできるか確認する

入力する部分が多いのでやることが多いようにみえますが、やることは必要な情報を入力するだけとシンプルなので焦らず少しずつ進めていきましょう。

初めてのブログ作り、応援しています🐰

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ