簡単!ケーブル使わずiPhoneの写真をWindowsパソコンに取り込む方法

※アフィリエイト広告を利用しています

ふゆ

iPhoneで撮影した写真をケーブル使わずパソコンに取り込みたいな!

うさぎ教授

それなら「iCloud」がおすすめだよ。

ふゆ

そうなの?
初めてなんだけど、操作は難しくない?

うさぎ教授

ふだんパソコンを使っているなら大丈夫!
手順は多くないから、誰でも迷わないように詳しく説明していくね。

本記事ではUSBケーブルを使わず、iCloudを利用してiPhoneからWindowsパソコンに写真を取り込む方法をご紹介します。必要なものはiPhoneとWindowsパソコンだけ!

簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

もくじ

iCloudを利用すればケーブル不要!写真はパソコンに取り込める

iPhoneの写真をパソコンに取り込もうとしたとき、「パソコンのUSB差込口が少なくてケーブルが差し込めない」「ケーブルが断線していて認識されない」という経験はありませんか?

ケーブルがなくても、iPhoneの写真をパソコンに簡単に取り込める方法があります!

実際に私のパソコンはUSBケーブル差込口が少なく、取り込み用のUSBケーブルが差せない状態ですが、この方法で写真を取り込むことができました🐰

ケーブルを差し込む手間が省けるので、慣れてしまえば快適ですよ。

ふゆ

初めての人でも迷わないように、画像をたくさん使ってご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

iPhoneでの事前準備

1.iCloudの設定画面を確認する

①iPhoneの「設定」画面を開き、上にある自分の名前か写真のあたりをタップします。

iPhone説明①

②タップすると「Apple ID」の画面が表示されるので、次に「iCloud」をタップしましょう。

iPhone説明②

③iCloudの画面に変わったら「写真」のところを見ます。画像では、写真の右側がオフとなっています。

こちらがオンになっている人は準備が完了しているため、次の工程へ進みましょう!

オフになっている「写真」をタップしてみてください。

iPhone説明③

④タップすると「iCloud写真」と表示がでてきます。

画像ではその下にある「このiPhoneを同期」の右側がグレー(OFFの状態です)になっていますね。タップして、ONにしてみましょう。

iPhoneの写真をiCloudというスペースに入れると、写真が保存されているiPhoneだけでなく、パソコンや他のタブレットなどから写真を見たり、保存したりといったことができるようになります。

iPhone説明④

⑤同期をONにすると、グレーだった部分がグリーンに変化します。

iPhone説明⑤

写真では、画面の中央にある「状況」が同期中となっていますね。この同期中の表示が消えたら準備は完了です。

パソコンでの作業に移りましょう🐰

iCloudにアクセスして写真をパソコンに取り込む

ここからはパソコンの操作に変わります。

iCloudのページにアクセスしたら、Apple IDを入力、その後パスワードで認証して、サインインを行いましょう。

iCloudサインイン画面

②サインインが完了すると、下の画像のような画面に変わるので「写真」をクリックします。

iCloud説明①

③「写真」をクリックすると画面が変わり、メニューの左側にあるライブラリというところが自動的に開き、右側にiPhoneで撮った写真が表示されるようになっています。

iCloud説明②

④パソコンに取り込みたい写真をクリックして選択します(選択された画像は写真①のように青枠で囲まれます)

うさぎ教授

キーボードCtrlとAを押すと、すべての写真が選択できるよ。
複数の写真を取り込みたいときには、Ctrlを押しながら写真の上でクリックしていくと複数選択できるから試してみてね。

選択した写真の枚数は、画面右上にあるアイコンの下に表示されますよ。

⑤取り込む写真を選択したら、画面右上の雲に下向き矢印のついているアイコンをクリックします(写真②)

マウスのカーソルを上に当てると、ダウンロードと表示されます。

iCloud説明③

⑥取り込んだ画像は、パソコンの中にあるダウンロードというフォルダーの中に入っています。

今から一緒にダウンロードフォルダの中を確認していきましょう。

⑦パソコンが起動して最初に目にする画面をデスクトップ画面と呼びます。画面のいちばん下にある、四角が四つ並んだスタートメニュを右クリックします。(写真①)

⑧出てきたメニューの中から「エクスプローラー」をクリックしましょう。

エクスプローラー説明

⑨エクスプローラーをクリックすると大きな画面がでてくるので、画面左側に並ぶメニューのなかから「ダウンロード」を探し、クリックします。

ダウンロードフォルダ開く

⑩ダウンロードの中に「iCloud Photos」というフォルダーを見つけました!今回は写真を5枚選択したのでフォルダーですが、写真が1枚のときには、ファイルです。

フォルダーをダブルクリックして中を見てみましょう(1枚のときにはファイルをクリックしてみましょう)

フォルダを開く説明
ふゆ

ダウンロードにファイルがたくさんあって分からないときには、ファイルの右側に更新日時が書いてあるので、それを目安にしてみると良いですよ。

うさぎ教授

今回の場合は、6月25日の6:54にフォルダーが追加されたことがわかるね。取り込んだ時間と照らし合わせてみよう!

⑪フォルダーを開くと、中には画像ファイルが5枚入っていました。画像を確かめたいときには、名前の上でダブルクリックすると画像を編集するソフトが起動して確認できますよ。

画像ファイル確認画面

でも、取り込んだ画像を見ようとしたとき、毎回こんなにも手間がかかるのは大変ですよね。

そんな人におすすめなのが、デスクトップにフォルダーを作り、そちらに取り込んだ画像を移す方法です!

デスクトップにフォルダーを作り、管理する方法

デスクトップにフォルダーを作り、取り込んだ画像を入れておけばすぐに写真を見ることができます。

①デスクトップの空いたところで右クリック→新規作成→フォルダーの順に選択していきます。

新規フォルダーの作りかた

②すると、デスクトップに「新しいフォルダー」が追加されます。ここで名前も変更しておくと分かりやすいですね◎

今回は「iphone photo」と名前を変更してみました。

名前の変更はあとからでもできます。フォルダーを右クリック、でてきたメニュー下にあるアイコンの中から枠の中にAと書いてあるものを選べばOKですよ🐰

新規フォルダの作り方

③先ほど取り込んだファイルを選択します。

ファイルをフォルダーへ移動させる

④選択できたらマウスの左を押しながら、デスクトップのフォルダーの上に持っていきます。

フォルダの上へ持っていくと「(フォルダ名)にコピー」と小さく表示されるので、そこでマウスから指を離します。これで完成です!

ファイルをフォルダーに移動させる

⑤フォルダーを開き、ファイルがちゃんと移動されているか確認してみましょう!

USBケーブルがなくてもiPhoneの写真はパソコンに取り込める

USBケーブルがなくても、iCloudを利用してiPhoneの写真をパソコンに取り込む方法をご紹介しました。

  • iPhoneからiCloud写真の設定を同期しておく
  • パソコンからiCloud.comにアクセスしてサインインする
  • 表示された画像のなかから取り込みたい写真を選択
  • ダウンロードする

ケーブルがなくても取り込めるので、すぐに取り込みたいとき、出先からでも安心です。

ぜひ試してみてくださいね🐰

最後までご覧くださり、ありがとうございます。

この記事が、あなたの日常生活に少しでも役立てばうれしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ